今日の日和

日常の気になったことや覚書とか

SUITS/スーツ 第1話 ドラマ感想

スポンサーリンク

f:id:ariakesumire:20181101115025j:plain

2018年秋ドラマ 10~12月放送 フジテレビ系

アメリカの連続ドラマ「Suits」(2011年~)が原作。

第1話

キャスト

甲斐正午(織田裕二)敏腕弁護士

鈴木大貴(中島裕翔)優れた記憶力を持つフリーター

幸村チカ(鈴木保奈美)弁護士事務所所長

聖澤真琴(新木優子)パラリーガル

玉井伽耶子(中村アン)甲斐の秘書

蟹江貢(小手 伸也)甲斐の同僚弁護士

あらすじ

甲斐は負け知らずの敏腕弁護士。

事務所の共同経営者になりたいという野心をもっているが、所長のチカに昇格の条件として、アソシエイトを雇うように言われていた。

大貴は悪友の依頼を受けて荷物を運んでいたが、トラブルにより、甲斐のアソシエイト面接会場にまぎれこむ。

感想

織田裕二と鈴木保奈美が共演しているのを見て、「東京ラブストーリー」だなあと。

制作陣はわざとキャスティングしたのでしょうか。

鈴木さんがお美しい。

海外ドラマをリメイクするのは、本当にうまくやってくれないともったいないと思う。

設定とか役柄とか日本人に合わないとこがあるから、難しい所があるし。

だけど、原作がある分、お得なのだからしっかり作りこんでほしい。

特に織田さんの演じる甲斐、こういうアメリカドラマにありがちな性格の役柄は苦手なんだ。

主演2人とも、似た者同士って設定(面接時の設定から)みたいだから、苦手2倍だよ…。

大貴の、新木優子演じる真琴とのやりとりにも、イライラします。

新木優子の役名の聖澤って、なんでそんな言いにくい役名つけたんだろう。

そんな苗字あるのかな?って調べたら、あ~、ありました。

野球選手にもいらっしゃるんですね。だけど、全国に20人って、めずらしすぎ。

一方、中村アンの秘書役がよかった。

最初は、その衣装はどうなの?って思ったけど、主演2人とのやりとりのテンポがよかった。

織田裕二は「IQ246」の役も好きじゃなかったけど、今回の役も…あんまりかなあ。

アメリカ版のドラマは未見なのでよくわからないけど、続いてるからきっと面白いんだろうと思う。

日本版にリメイクするにあたり、脚本と演出は頑張ってほしい。

回数が少ない分、つめこみになるのがネックではあるけど。

第1話はどうしても役柄の紹介的な扱いになるし、役がなじんでないとこもでるから、仕方ないとはいえ、かなりの時間退屈だった。

ようやく最後に、出だしの替え玉受験の話がつながって、すっきりしました。

「コンフィデンスマンJP」の五十嵐さんがでてましたねえ。

あれはおもしろかったなあ。

蟹江さん役の小手さんを見るたびに、コンフィデンスマンのことを思い出すんだろうなあ。

大貴はどうしてお金を返さないんでしょう。

お金を返すと、友達が悪いことしそうだから?でも借金取りに追われちゃわない?

とりあえず、返してあげた方がいいと思う。

そうじゃないとあの友達、次回以降も「金返せ~」ってまとわりつくんでしょ。

そっか、最終回あたりであのお金のことも解決させて、友達も更生させる予定なのかな。

だけど最終回まで、このドラマ見続けられるだろうか?