今日の日和

日常の気になったことや覚書とか

僕らは奇跡でできている 第1話 ドラマ感想

スポンサーリンク

f:id:ariakesumire:20181101115207j:plain

2018年秋ドラマ 10~12月放送 フジテレビ系

キャスト

相河一輝(高橋一生)大学で“動物行動学”を教える講師
水本育実(榮倉奈々)一輝の担当歯科医

樫野木聡(要潤一輝)大学の准教授
沼袋順平(児嶋一哉)アリ専門の一輝の同僚講師

相河義高(田中泯)一輝の祖父 陶芸家
山田妙子(戸田恵子)一輝の家の家政婦

熊野久志(阿南健治)大学の事務長
鮫島瞬(小林薫)大学教授

感想

「僕らは奇跡でできている」
このタイトルになんかひっかかるなあともやもやしてたんですが、思い出しました。
金八先生だ。なんかそういう授業があった気がする。

宣伝CMではどういうドラマかわからないし、こういう雰囲気だけのはなあと見るかどうか迷っていました。が、1話の予告の「ウサギとカメ」の話を見て、「おもしろそう!」と、見るの決定。

NHKの「透明なゆりかご」を見たばっかりですから、主人公の設定を聞いたら、一輝はアオイと同じなのかなと思いました。

と思ったら、歯科医院であった少年も一緒ですか。

少年とお母さんのシーン、アオイとお母さんと一緒だ。
どこの親も悩みは一緒ですね。この少年は、あとあとずっと絡んできそうです。

大学は社会でうまくやっていけない人の集まり、そうなんですか?
一輝に理解のある教授はどうなんでしょうか?

怒ってばかりの事務長が、一輝が出席カード並べるのを見たときは褒めてくれるのかと思ったのに。まだまだ、事務長が満足できるレベルにはなれていないのですね~。半年もいるのに…。

榮倉奈々さんの演じる歯医者さん、落ち着きのある演技がいいですねえ。
背が高すぎて、病院の扉のそばにいると「でかい…」と気になりますが、スタイルよすぎ!なんですね。 

男心が理解できないって言われても、めんどくさいです。
確かに高いレストランは引け目を感じるだろうけどね~、見下してると言われてもねえ。この辺は価値観の相違なんだと思います。

一輝はウサギとカメの話には答えを出すのに、シマウマの縞については答えがわからないと言う。なんでだー!こっちの方が答えがありそうなのに。
ネットで調べてみたら、はっきり答えがでてないらしい。学生たちが発表していたみたいに、諸説ありますみたいな。
おそらく、私みたいにネットで検索した人はたくさんいただろうな。

一輝はカメを美化してるよねえ。
カメだけ動物の世界で解釈しているのに、ウサギは人間の世界の話になってるような気がする。

この流れでウサギだって言われたら、バカにされてる気は…するよね。ウサギは一生懸命頑張ってるって言いたかったともいえるんだけどね~。

相河さんのお家いいよなあ、いい感じの古いデザインでおしゃれ。
ああいう家に住みたい。