今日の日和

日常の気になったことや覚書とか

昭和元禄落語心中 第1話 ドラマ感想

スポンサーリンク

f:id:ariakesumire:20181015125918p:plain

2018年秋ドラマ 10~12月 NHK総合(全10回)

雲田はるこ原作の漫画「昭和元禄落語心中」のドラマ化

第1回「約束」

登場人物 

八代目 有楽亭八雲(岡田将生)「昭和最後の大名人」と称された落語家

有楽亭与太郎(竜星涼)刑務所帰りの元チンピラ
小夏(成海璃子)助六とみよ吉の娘で、八雲の養女

松田(篠井英介)八雲の付き人

円屋萬歳(平泉成)上方落語界の重鎮
円屋萬月(川久保拓司)萬歳の息子

お栄(酒井美紀)料亭の女将      

みよ吉(大政絢)八雲が若い頃に知り合った芸者
有楽亭助六(山崎育三郎)八雲の親友であり、永遠のライバル。

あらすじ

昭和52年春、刑務所帰りの男が、八代目有楽亭八雲に弟子入り志願をした。

以前、刑務所に慰問に来た八雲の落語に感動したと言う。

八雲は弟子をとらないことで有名だったが、何の気まぐれか男は弟子入りを許された。

八雲の家には、稀代の天才と言われた有楽亭助六の忘れ形見、小夏がいた。

感想

あいかわらず、NHKのキャスティングは良いですね~。

この作品はアニメで放送されていたのを見てました。

アニメは独特の雰囲気のオープニングでしたが、NHK版はいい意味で違う。

ちょっとミステリーがはじまりそうな、洗練された感じ。

八代目八雲を演じる岡田将生の後ろ姿が良いです。

アニメのキャストのイメージがついているんですが、そのイメージを裏切らない役者陣だと思います。

 

唯一、小夏ちゃんはアニメと違ってまじめそうだなって感じです。

成海璃子ちゃんですからね、だから衣装も彼女に合わせてるんでしょうね。

松田さんは誰が演じるんだろうと気になってたら、篠井さん、その頭は…。

 

岡田将生はまだ20代なのに、渋い年齢もしっかりこなせるようになって、難しい役なのに、成長したなあ。

小夏ちゃんに対しての八雲の嫌味っぽい対応、「嫌な奴ー!」でもうまい。

声は若いと言えば若いんだけど、さほど気にならない。

八雲が助六の落語をするシーンは泣けます。

八雲にとっての助六、思いが深い。

 

与太郎役の竜星涼は芸達者ですよね。

車のCMの(ちびまるこちゃんの)花輪くんも完成度高いよなあと思ってました。

この役も人懐っこくてかわいいわ。

ダメな落語と、良い落語の落差もわかりやすい。

 

小夏は落語が大好きなのに、八雲に落語をすることを許してもらえない。

なんで女が落語をやっちゃいけないんだっけ。 

今は女の落語家さんもいるけど。

歌舞伎が男ばかりなのと同じような理由なのかなあ。

歌舞伎の女形、宝塚の男役。

八雲には八雲なりのこだわりがあるんだろうけど。

 

小夏の傘の骨が16本。

昭和52年だよね。

あの時代にも普及してたのか。

東京だし、地方とは違うんだな。

 

三つの約束。

怒って破門にしたけど、八雲は与太郎に期待してるんですね。

最後の「先に死なないこと」

八雲のトラウマみたいなもんでしょうか。

置いて行かれた者の寂しさ。

お願いだからと言っているみたいに聞こえます。

  

うまい役者さんばかりでいいわあ。

落語も楽しめるし、次回もとても楽しみです。 

 

でも、主題歌は合わない気がする。

それが残念。