今日の日和

日常の気になったことや覚書とか

SUITS/スーツ 第2話 ドラマ感想

スポンサーリンク

f:id:ariakesumire:20181101115025j:plain

2018年秋ドラマ 10~12月放送 フジテレビ系

アメリカの連続ドラマ「Suits」(2011年~)が原作。

第2話

キャスト

甲斐正午(織田裕二)敏腕弁護士

鈴木大貴→大輔(中島裕翔)優れた記憶力を持つフリーター

幸村チカ(鈴木保奈美)弁護士事務所所長

聖澤真琴(新木優子)パラリーガル

玉井伽耶子(中村アン)甲斐の秘書

蟹江貢(小手 伸也)甲斐の同僚弁護士

あらすじ

大輔は、弁護士事務所の無料相談会をまかされ、セクハラによる不当解雇の相談を受ける。

最初は興味を示さない甲斐だったが、相手が大病院の院長だと知って、態度を変える。

感想

1話目はまだなじんでなかったのか、織田さんのちょっとかっこつけな演技が気になったけど、今回は落ち着きましたね。

ただ、良くも悪くも普通のドラマになったなという印象です。

 

所長のチカは、甲斐をどうしたいんでしょうね。

本当に共同経営者にするつもりはあるんでしょうか。

弁護士としてか経営者としてか、成長させようとしているようには見えるけど。

チカの洗練された、おしゃれ感が好きだわあ。

 

五十嵐さんじゃなくて、蟹江さん。

蟹江さん、邪魔しようとしてる割には情報をくれて、いい人だ。

このドラマ、蟹江さん頼りになるんじゃないか心配だなあ。

さすがに一人で支えるのはつらい。

コメディ部門ね。

甲斐と蟹江とチカの3人のパワハラ問題のシーンは好きだったな。

馬場さんって。

 

アンちゃんは、もっとはじけてもいいと思うなあ。

今回は大人しかったわ、あれじゃ普通の秘書だ。

もっと、個性が欲しい。

 

大輔、猫ババするつもりで、返すの渋ってたのかあ。

気持ちはわかるけどさ、お金には苦労している設定みたいなのに、そう見えないのがなあ。

なんか違和感。

大輔は、前回から思っていたんだけど、頭脳明晰って設定だけど、記憶力がいいだけで、頭脳明晰には思えないよなあって。

甲斐が言うように、まだ本気じゃないから、力を発揮してないってことか。

でも、性格的には、調子乗りかねえ。

 

スーツと言えば、(私の勘違いでなければ)前回甲斐はスーツ代として、3万円くらいしか渡してないように見てたのに、5着買ったって?

で、今度はテーラーを紹介するってことは、この時点で「優秀な才能には投資を惜しまない」って判断したんだよなあ。

結局、着て帰ったから、オーダーメードにはしなかったんだよね。

それで、ひと揃えで43万円とは、オーダーだといくらだったんだ。

 

今回は、大輔にセクハラ案件をさせつつ、甲斐は銀行の案件を片付けて、銀行の案件を片付けたお礼に、セクハラ被害者の工場に融資させるって。

たまたま工場が融資に値するレベルだったから、こういう解決だったんでしょうけど、そうじゃなかったら無理だよね。

甲斐はそこまで調べていたのかしら。

そうじゃなかったら、無理やり別の方法で解決してたんでしょうから、依頼者さんや被害者さんたちには、たまたま運が良かったのかな。