今日の日和

日常の気になったことや覚書とか

獣になれない私たち 第2話 ドラマ感想

スポンサーリンク

f:id:ariakesumire:20181101011637j:plain

2018年秋ドラマ 10~12月 日本テレビ系

野木亜紀子のオリジナル脚本

第2話

キャスト

深海 晶(新垣結衣)
根元恒星(松田龍平)

花井京谷(田中 圭)晶の恋人
長門朱里(黒木 華)京谷の元彼女

橘 呉羽(菊地凛子)恒星の元彼女

九十九剣児(山内圭哉)晶の会社の社長

花井千春(田中美佐子)京谷の母

あらすじ

ハードな服とブーツで出社した晶は、九十九社長に待遇改善要求を突きつける。

社長の出張明けに返事をもらえると言う事で、期待する晶。

恒星は、初めてきた顧客に、税理士として粉飾決算に協力するよう求められる。

感想

晶、頑張ったのに~。

社長もしかして、強く出られる相手に弱いのか?と思ったら、「グレた」「反抗期」で片付けられるとは。

あの社長も根は悪い人じゃないんだな。

だから、ついていく社員もいるのか。

でも、晶の求めている待遇改善はそっちじゃないんだよなあ。

「待遇改善を求めます」って頑張るあたり、晶には今の会社を辞めるとかの選択肢は全くないんだな。

仕事できるし、今の仕事好きなのかもね。

そういえば、結構社長にも直接意見言ってるし、仕事を押し付けられることさえなければ、うまくやっていける会社なのか。

エンジニアさんたちは、チーフさんがうまくまとめてるみたいだから、営業に人材さえいてくれたら。

だけど、よくわからない肩書きに昇進させられてもー!

手書きじゃん!

それ有効なの?

社員みんな聞いてたから、大丈夫か。

お給料どれだけ上げてもらえるかだなあ。

昇進したんなら、掃除は他の社員にもしてもらわないとね。

 

でも、あの新人、めんどくさい…。

 

今回は、晶と京谷の歴史でしたね。

晶の今の会社は、前の会社の上司の紹介だったとは。

あの社長、確かに仕事はできるんですけどね…、上司さん…。

2人とも、似た者同士っだったんだなあ。

京谷も結構気づかいできる人なのか、相手が晶だから気づいてたのかどっちかな~。

朱里のことさえなかったら、とっくに結婚してたんでしょうか。

2人の過去を見せられたら、うまくいけばいいのになあって思うのに。

晶は待ち疲れちゃったんだなあ。

朱里がいるのを知ってて、周りにはばれないように気を使ってねえ。

 

朱里にしてみれば、京谷に「うちで一緒に暮らそう」って提案された時点で、プロポーズと思った可能性あるよね。

可哀そうだとは思うんだけど、京谷に新しい彼女が出来てるし、4年もたってるし、いい加減自立しないとねえ。

京谷も優しすぎたんだろうけど、晶のこともあったんだから、もっと早く期間を決めて朱里に提案してあげたらよかったのに。

でも、難しいかなあ。

依存しすぎちゃってるから、大丈夫かなあ。

「京谷のせい」って言っちゃってるしなあ。

家賃や光熱費は京谷持ちだとしても、自分のお小遣いはどうしてるんだろ?

 

呉羽の役が安定してますね。

恋に落ちたときに鐘の音が聞こえた相手は、最終回あたりに出てくるのかなあと楽しみにしてる。

いや実は内心、「鐘の音は金の音よ」という冗談だと言われるかと思ってた。

恒星とは鐘の音が聞こえなかったのに付き合っていたってことは、結婚した相手は初めて鐘の音が聞こえた相手なのかあ。

 

恒星は何考えてるのかわからなくて、振られて落ち込んでいるのかもわかんないですね。

そういう役なんでしょうけど。

松田龍平だと、よりいっそう読めない。

怪しいお仕事しているんですかねえ。

今後は、恒星のお仕事の中身がドラマにどう影響してくるんでしょうか。

鐘の音を聞きに付き合ってくれるなんて、つきあいのいい人だ。

自分も聞きたかったんだろうけど、直接鐘の音を聞くことで、恋に落ちる感覚をつかみたかったのか?

そうそう、瞬間的に恋に落ちる人はいませんものね~。