今日の日和

日常の気になったことや覚書とか

獣になれない私たち 第3話 ドラマ感想

スポンサーリンク

f:id:ariakesumire:20181101011637j:plain

2018年秋ドラマ 10~12月 日本テレビ系

野木亜紀子のオリジナル脚本

第3話

キャスト

深海 晶(新垣結衣)
根元恒星(松田龍平)

花井京谷(田中 圭)晶の恋人
長門朱里(黒木 華)京谷の元彼女

橘 呉羽(菊地凛子)恒星の元彼女

九十九剣児(山内圭哉)晶の会社の社長

花井千春(田中美佐子)京谷の母

あらすじ

晶が社長に要求した待遇改善は、よくわからない肩書きに昇格という結果になっただけで、仕事を押し付けられるばかり。

恒星の元には、叔父がやってきて、行方不明の兄が東京にいるらしいと告げる。

感想

恒星に粉飾決算を求めた相手って、お兄さんの会社の人ってことなのかな?

あの人も結構他人事な言い方してたし、ただのお使いみたい。

俺は関係ないよ~って感じで。

お兄さんが行方不明だったら、今の会社は誰がやっているの?

お兄さんは会社を継いだって言っていたから、恒星にとっては実家の会社みたいなのに。

不純な動機にしても、一度粉飾決算をしてしまったら、結局赤字続きでず~っと不正をやめられないんですね。

お兄さんが怒っていたのも、こういうことなんじゃないかな。

恒星が余計なことしたから、会社をたためなくなってしまったとも言える。

兄弟の関係がどうだったかよくわからないけど、恒星ゆがんでるねえ。

自己嫌悪で、後悔しているんでしょうけど。

晶と恒星はお互いのこと、話すようになったよね。

誰かに聞いてもらいたかったのもあるんだろうな。

直接関係のない第三者。

だけど、それなりに信頼のできる人。

 

晶も大変だよね。

社長も、あの新人雇うくらいなんだから、誰でもいいから雇えばいいのに。

絶対探してないやろ。

みんな晶がいればって言うけど、晶ちゃんは駅のホームで必死なの知らないもんなあ。

そして、みんな悪気ないしね。

いっそ、秘書にしてもらうか。

でも、やっぱり営業の仕事もさせられるよねえ。

営業部長がいないんだもん。

 

朱里は何の仕事だったら、やる気出るのかな。

だけど、人の荷物を勝手に開けたり、オークションに出したり、もう無理。

京谷が怒っても怖くないんでしょう。

とことんやるつもりなんでしょうか。

京谷がお母さんに言えないこともわかってて、嫌がらせなのかな。

晶と朱里が違いすぎて、京谷が朱里と付き合ってた理由がわからない。

 

晶と京谷の状態ははたから見ると、イライラするよね。

会社の人に隠すのはわかるけど、お母さんには言ってしまってもいいような。

心労かけちゃうか…。

事情を知ってしまった呉羽が言いたくなるのもわかる。

晶たちもどうしようもないから、言い訳しちゃうんだろうけど、それ意味ないから。

いっそ、呉羽が京谷のマンションに乗り込んで、朱里を追い出してくれたらいいだろうけど、さすがに着の身着のままで追い出せないしなあ。

 

呉羽と京谷がタクシーに乗っているシーンは、なんか呉羽がやってしまいそうと思ったら、やっぱりやっちゃいましたねえ。

何か考えがあってのことなんだろうけど、それは次回のお楽しみですね。