今日の日和

日常の気になったことや覚書とか

昭和元禄落語心中 第4話 ドラマ感想

スポンサーリンク

f:id:ariakesumire:20181104111811p:plain

2018年秋ドラマ 10~12月 NHK総合(全10回)

雲田はるこ原作の漫画「昭和元禄落語心中」のドラマ化

第4回「破門」

登場人物 

菊比古(岡田将生)八代目 有楽亭八雲

助六(山崎育三郎)二ツ目になった初太郎

松田(篠井英介)八雲の付き人  

七代目 有楽亭八雲(平田満)菊比古と助六の師匠

みよ吉(大政絢)

落語協会 会長(辻萬長)

木村家彦兵衛(柳家喬太郎)

あらすじ

菊比古と助六は、実力をのばし「真打」目前となっていた。

助六はテレビにも出るようになって、すっかり人気ものに。

菊比古は偶然聞いた木村家彦兵衛の「死神」に運命を感じ、彦兵衛に教えを乞う。

そして、師匠から「真打になるためには、みよ吉と別れろ」と言われる。

感想

助六は相変わらずですねえ。

師匠も口を酸っぱくして注意しているんでしょうけど、人気も実力もあるから助六は聞く耳を持たずって感じなんでしょうか。

「八雲」の名を継ぐってあんなに吹聴しまくっちゃって、師匠が認めたわけでもないのに。

7代目の弟子であれば、当然8代目になれるものと思っていたのかなあ。

小さい頃から、師匠はしきたりとか作法とか教えてるはずなのに、どうしてあんなに傍若無人になってしまったのか不思議だ。

自分で天才だと言ってのける、迷いのない自信をもてるところはすごいと思うけど。

 

助六はなんで「八雲」を継ぎたがっていたんでしょうか。

彼は自分の行動はすべて落語のためだと言う。

落語を広めるために改革をしたいのだと言い、伝統は菊比古に任せると。

それなのに、伝統の証であるともいえる襲名をしたいと。

なんか矛盾していないかなあ。

もちろん聞いてくれるお客さんがいてこそなんだけど、代々大勢の落語家さんが守って伝えてきたから落語が続いてる訳で、それをないがしろにしているように見えるから、会長もいい顔しないんだよねえ。

師匠が手を尽くしてくれたってことを会長が言ってたのに、自分の行動が周りにどう映るかは見えていないんだよね。

自分の落語が客に受けるかどうかということしか見てない。

 

助六は師匠から襲名を拒否されて、すごくショックを受ける訳だけど、彼は何のために七代目に弟子入りしたんだろう?

与太郎は八代目の落語に感銘を受けたから、八代目を選んで弟子入りしたわけでしょう?

助六は落語がしたいだけだったら、師匠は七代目じゃなくてもいいし、八雲の襲名にこだわることはないし。

そうすると、七代目への弟子入りは「八雲襲名への手段」なのか?

だから、師匠からもらった紋付を簡単に質にいれちゃえるのか。

今後、助六が「八雲」の名にこだわった理由がわかるのかな。

 

みよ吉は菊比古と別れることになるけど、なんだか妊娠を匂わせる描写ですよね。

とすると、小夏は菊比古の娘という可能性が。

こういうのって、フィクションだからわからない設定できるけど、現実だったら結構顔立ちでわかっちゃうもんじゃないかと思うんだよね~。

特に女の子は父親に似ると言うし。

 

菊比古って、みよ吉にどれだけ惚れていたのか、よくわからないとこがある。

真打になるためにみよ吉を捨てるけど、他の誰とも結婚しないって、すっごくみよ吉が好きでしたって言ってるようにしかみえない。

それなのに、つれないんだよなあ。

師匠に反対されなかったら、結婚していたんだろうか?

 

今回の話は菊比古の「死神」誕生秘話でしたね。

あんなにじっくりと教えてもらうもんなのかと意外だった。

彦兵衛さんも協会を追放されて、もう人に教えることもないし、最後の弟子みたいなつもりだったのかな。

でも、落語家さんだけじゃなく、落語に詳しい人でも「あれは誰々の型だ」って言い当てるけど、師匠は菊比古の「死神」を聞いても、彦兵衛さんのだってわからなかったんだね。

彦兵衛さんは今まで披露していなかったのかなあ?

菊比古に継いでもらえて、菊比古の十八番にもなって、よかったよねえ。