今日の日和

日常の気になったことや覚書とか

獣になれない私たち 第6話 ドラマ感想

スポンサーリンク

f:id:ariakesumire:20181101011637j:plain

2018年秋ドラマ 10~12月 日本テレビ系

野木亜紀子のオリジナル脚本

第6話

キャスト

深海 晶(新垣結衣)
根元恒星(松田龍平)

花井京谷(田中 圭)晶の恋人
長門朱里(黒木 華)京谷の元彼女

橘 呉羽(菊地凛子)恒星の元彼女

九十九剣児(山内圭哉)晶の会社の社長

花井千春(田中美佐子)京谷の母

あらすじ

京谷は朱里にマンションを渡して家を出たが、晶と恒星のキスを目撃したこともあり、そのことを告げられずにいた。 

感想

九十九社長、そっちの方向ですかあ。直接、佐久間さんと話し合えばいいのに。

松任谷さんがしゃべっちゃったから、佐久間さんが転職するかもって、エンジニアチームにばれちゃった?

佐久間さんもせめて晶に相談してほしいわあ。

だって、佐久間さんがやめたら、ますます晶が大変になるんだし。

 

そして、九十九社長の弱点が京谷の上司の部長だったとは。

先輩後輩の関係はず~っと続くんだね。

部長はさすが大手の会社で部長になるだけあって、部下を大事にしてくれるのに。

社長がそこを見習ってくれたらねえ。

いつも好き勝手言ってる九十九社長がおとなしくなる、あのシーンは面白かったわ。

 

京谷の後輩君、勘が鋭くて、思ったことすぐ口に出しちゃうだけの人かと思っていたけど、めんどくさいねえ。

あんな状態で、今後一緒に仕事できるのかしら。

松任谷さんをヘルプする新人君がいい子に見えてきたよ。

後輩君と松任谷さんが険悪になって、代わりに京谷と晶が仕事で会う機会が増えるのかもね。

京谷も家を出たこと言えばいいのに、なんで言わないのかなあ。

 

それに、年賀状なんて個人情報なのに、なんで置いていくのかなあ。

朱里に見つかってるじゃん。

朱里は晶の家まで行って確認してるし、また晶宛ての荷物持っていっちゃったよ。

前回は同居してたからグレーだけど、今回は完全に窃盗ですから。

晶だと許してもらえると踏んだのかな。

晶もビール代払っちゃったもんなあ。

朱里だなあと気づいたまではいいけど、もうちょっと様子見ておけばよかったんだろうけど、私でも払ってしまいそうなんだよね、つい。

お店に迷惑かけちゃいけないなあって思っちゃって。

だけど、それが朱里を怒らせちゃったんだよねえ。

 

恒星は、橘カイジのことがそんなに気になるなら、会っちゃった方が早いのになあ。

三郎くん情報のパーティの参加者説明がおもしろかった。

黒&激しい服のグループとチェック&パーカー服で呪文の話をしているグループって。

 

呉羽がお金のために結婚したのかもって知ったら、呉羽を助けるために、手をつけたくなかったあのお金を渡すつもりだったんだよね。

そうじゃなさそうでよかった、のかな?

恒星が、使った分をちゃんと補充するあたり、なんかわかる。

呉羽の子宮摘出の話はかなりハード。

仮に、呉羽が子供を産むつもりがなかったとしても、絶対子供を産めないと突きつけられるのは、きつい。

ただ、恒星じゃなくても、恒星みたいに言ってしまうと思う。

橘カイジはどういう風に受け止めてくれたんだろう。

三郎くんがいい人って言ってたし、ますます橘カイジが気になるわ~。

 

そういえば、先週の晶はロボットみたいになっていたのに、今回は普通にしてた。

京谷のお母さんの「へしこストーリー」のおかげで、心を取り戻したのかな。

そのお母さんの思いやりのお酢が…。

またネットオークションに出てしまうのかしら。