今日の日和

日常の気になったことや覚書とか

昭和元禄落語心中 第7話 ドラマ感想

スポンサーリンク

f:id:ariakesumire:20181022114844p:plain

2018年秋ドラマ 10~12月 NHK総合(全10回)

雲田はるこ原作の漫画「昭和元禄落語心中」のドラマ化

第7回「昇進」

登場人物  

八代目 有楽亭八雲(岡田将生)「昭和最後の大名人」と称された落語家

有楽亭与太郎(竜星涼)八雲の弟子、刑務所帰りの元チンピラ

小夏(成海璃子)助六とみよ吉の娘で、八雲の養女

松田(篠井英介)八雲の付き人

円屋萬月(川久保拓司)円屋萬歳の息子

お栄(酒井美紀)料亭の女将

有楽亭助六(山崎育三郎)八雲の親友であり、永遠のライバル

あらすじ

八雲は落語会会長の話がきて、自分の老いを感じるようになっていた。

与太郎はいよいよ真打への昇進が決まる。

小夏は子供ができたことを報告するが、父親の名を明かそうとはしない。

感想

今回から「助六再び編」ですね。

与太郎はなんかぱっと明るくなる、陽気ないいキャラだよね~。

坊主頭はちょっと似合わないけど。

落語より漫談で沸かせてしまうのも、わかる気もする。

今後、どんな落語を聴かせてくれるのかが楽しみ。

しかし、お栄さんに小夏の相手のヒントをもらって、何故松田さんだと思う。

 

そのずれ方が与太郎の魅力なのか。

小夏に家に戻ってくるように言う松田さんは、可愛かったよねえ。

小夏のことを娘か孫みたいに思ってるんだろうなあ。

 

八雲は過ごした年月を感じさせる。

なんだか生きているのが苦しそうだ。

岡田くん、ほんとにいい役者になったなあと思う。

 

与太郎が助六を襲名して、いつか八雲になれば、あの助六が望んでいた通り、

「助六が八雲になる。」が実現する。

与太郎はそこまで考え…てないわな。

だって、八雲になれると思っていなさそうだし。

八雲自身はあの瞬間考えたのかもしれないと思う。

 

萬月さんは小夏に惚れてるんだと思ったけど、全く相手にされなかったのね…。

憧れてる人にお見合いのお世話とは。

憧れの人だから、きっといいお相手をお世話してたんだろうね。

与太郎はすっかり萬月さんと仲良しさんになっちゃって。

評論家の人も嫌味を言いながらも、必要なことを指摘してくれるし、悪い人いないよなあ。

今の時代だったら、入れ墨のことはもっと大問題になってるんだろうな~と思う。

 

小夏の子供の父親は明かされないままなのかなあと思ってた。

アニメ版では全然記憶ないわ。

どうだったんだろう?

小夏はなんで、あの人と付き合ってたのか?

子供が欲しかったからにしても、まったく理解できないわあ。

そして、八雲はなんであの人だとわかったんだろうか。

で、どういう風にけりをつけようと考えているのかしらね。