今日の日和

日常の気になったことや覚書とか

SUITS/スーツ 第8話 ドラマ感想

スポンサーリンク

f:id:ariakesumire:20181101115025j:plain

2018年秋ドラマ 10~12月放送 フジテレビ系

アメリカの連続ドラマ「Suits」(2011年~)が原作。

第8話

キャスト

甲斐正午(織田裕二)敏腕弁護士

鈴木大貴→大輔(中島裕翔)優れた記憶力を持つフリーター

幸村チカ(鈴木保奈美)弁護士事務所所長

聖澤真琴(新木優子)パラリーガル

玉井伽耶子(中村アン)甲斐の秘書

蟹江貢(小手 伸也)甲斐の同僚弁護士

あらすじ

甲斐は、大手建設会社を相手にした集団訴訟を担当することになる。

一審では請求棄却されていたが、担当弁護士がスキャンダルで廃業においこまれていた。

そして原告団それぞれにも、弱みを元に裁判をあきらめるように画策されていく。

感想

なんかサプライズがあるよって番組表にあったけど、そういう方法で視聴率取ろうとするのはいかがなものか?

ドラマならドラマの内容で戦えよと思う。

こういう方法をとられると、視聴率悪いのかなあ?と思っちゃうんだよね。

パーセンテージみても、高いのか低いのかはわかんないし。

観終わってから、そういえば変わったことあったっけ?と思ってHP確認したら、「え…。」

まあ、いいけど…。

 

今回は山本未来さん演じる美知留(甲斐の後輩弁護士)が、再登場。

お互いに大人の駆け引きですよ~と「ふたりで」楽しんでますね~。

一応、まだ交渉中なのに、ビリアードで遊んでいていいのかしら?

 

原告団が次々美知留に陥落されていく中、、矢田亜希子演じる原告代表の水原美咲だけが、何も嫌がらせを受けていないと聞いて「まさか美咲がスパイってパターン?」と疑っちゃった。

それにしても、人ってそんなに弱みがあるもんなんですね。

悪いことしていなくても、家族を人質に取られるような発言されたら、守りに入っちゃうかあ。

水原美咲が「家を建てた時期が違うから実は…」って。

それでよく代表まで出来たなあ。

結局は美咲も被害を受けていた訳だけど、私だったら「ばれたらどうしよう」って思うから、せめて原告団のすみっこで目立たないようにしとくなあ。

 

美知留は甲斐の真似をしているというか、目標にしているというけれど、逆の立場だったら、甲斐も同じような方法で原告に訴訟をあきらめさせるのかな。

専務の横領をネタに賠償金を勝ち取ろうとしていたから、やっていることは一緒だね。

やっぱり(有能モードの)蟹江とのコンビが好きだわ。

 

真琴すごいなと思ったのは、しっかり昇級してもらったこと。

弁護士目指しているだけあるよね。

あのアソシエイトが首にならないのは納得いかないかなあ。

蟹江は自己の評価が下がるからって言ってたけど、チカはそれでも気にしないってことなんだ。

なんか不思議。

経営者は細かい?ことは各担当者に任せるってことなのか。

 

最後にチカはしっかり、おいしいとこ持っていくのね~。

有能な経営者だわ~。