今日の日和

日常の気になったことや覚書とか

SUITS/スーツ 第10話 ドラマ感想

スポンサーリンク

f:id:ariakesumire:20181101115025j:plain

2018年秋ドラマ 10~12月放送 フジテレビ系

アメリカの連続ドラマ「Suits」(2011年~)が原作。

第10話

キャスト

甲斐正午(織田裕二)敏腕弁護士

鈴木大貴→大輔(中島裕翔)優れた記憶力を持つフリーター

幸村チカ(鈴木保奈美)弁護士事務所所長

聖澤真琴(新木優子)パラリーガル

玉井伽耶子(中村アン)甲斐の秘書

蟹江貢(小手 伸也)甲斐の同僚弁護士

あらすじ

大輔の経歴詐称がチカにばれてしまう。

甲斐はチカを説得するが、チカは大輔の実力を見て判断すると言う。

感想

大輔の悪友が余計な告げ口したなあと思ったけど、考えてみれば、早めにばれた方が傷は浅い。

大輔はすっかり調子に乗ってるし、甲斐だけじゃなく、蟹江の影響も受けてる感じだ。

 

甲斐は大輔を気に入ってるから、チカに怒られても手放す気はない。

だけど、肩書きより実力だって言われても、弁護士資格ないから、ダメだよねえ。

前回の会計士さんの時に、クライアントに訴えられたらって、甲斐は言ってたのに、大輔は法廷まで行ってるし、どう解決するんだろう。

 

チカも大輔が納得いく結果を出せるかどうかだって。

うまくやれていたら、追い出さなくていいって言ってるのか。

それはないでしょう。

チカさん見てたら、管理職って大変だなって思う。

チカにばれた以上、最終回では事務所にはいられないだろうし。

初回で本物の鈴木大輔は海外に行くって言ってたから、偽物の大輔も海外に行かせたりするのもありかな。

でも、おばあちゃんを残していくのは心配かしら。

 

姉妹の財産分割を蟹江と大輔で担当するわけだけど、お互い裏の裏をかきまくってましたね。

姉妹の争いも可哀そうよね。

親たちのドロドロにまきこまれて、お互い譲れないところがあって。

大輔も策を練ったんでしょうけど、経験値の差でしょうかね、蟹江の勝ち。

法外な値段って、よく相手の会社もそれで飲んだよなあと思う。

 

蟹江がずるしたことで、甲斐は自分と昔の上司の関係を重ねてしまって、お怒り。

蟹江に怒りをぶつけてしまうシーン。

やっぱり、普段の気取った役柄より、ストレートな役柄の方が織田裕二には合ってると思う。

次は気取ってない役を期待したい。

 

しかし、なんだか出てくる検事さんたちも気取った人ばかりだな。

後輩検事役の海老蔵さんも、玉井さんに向って「あいかわらずお美しい」とか。

なんなんでしょ。

検事やってる人があいさつに言うセリフなんでしょうか。

 

次は最終回。

秘書の馬場さん出てくるのかなあ。

もうアジアンの馬場園さんしか思いついてないんだけど。