今日の日和

日常の気になったことや覚書とか

新元号発表「令和」

スポンサーリンク

f:id:ariakesumire:20190401143419p:plain

新元号は「令和」に決まりましたね。

私は意外だなあと思いました。

ラ行が使われるとはと思わなかったし、「和」はよく使われるから、逆に避けられるかなあと思っていました。

どっちの文字も意外。

 

いよいよ発表で、菅官房長官が額を移動させるときに、チラ見えしちゃったのが、どきどきしちゃいました。早く発表しないと~って。

一瞬見えた「令」が「今?」に見えちゃいましたが、違いましたね。

 

「平成」が発表された時は古臭いかなあと思っていたけど、今じゃ慣れ親しんで普通だし、「令和」もすぐに慣れるでしょうね。

テレビでバンバン目にするたびに、だんだんかっこいいなあと思えてきますから不思議です。

「平成」の時も思ったんですけど、あれは誰が書いているんでしょうか、きれいな書ですね。

 

アルファベットでかぶらないようにと考えたときに、まず頭文字として使えるアルファベットって、「AIUEOKGSZJTDNHBPMYRW」の20文字でいいのかな。除外したのは「CFLQVX」。

CとFはTとHを使うんだろうし。だけどパ行のPはないか。

これで使われたのは、「明治のM」「大正のT」「昭和のS」「平成のH」「令和のR」だけど、まだまだ頭文字は余裕ですね。

 

でも、自分が「令和」の次の元号も迎えること出来るかなあとふと思ってしまいます。

令和元年には、子供の名前に「れい」って使った名前が増えたりするのかなあと思ったり。

平成の時にはネットもなかった?し、喪に服してるのもあったから、今ほど大騒ぎではなかったと思うから、今回は春だし、おめでたい雰囲気でいい感じですね。

 

(追記)

「令和」の文字を書いたのは、内閣府の「辞令専門職」の茂住修身さん(岐阜県飛騨市出身)だそうです。そういう職業もあるんですねえ。