今日の日和

日常の気になったことや覚書とか

透明なゆりかご 第10話 最終回 ドラマ感想

スポンサーリンク

f:id:ariakesumire:20181026184415j:plain

NHK総合で2018年7~9月に放送されたテレビドラマ(全10回)

原作者である沖田×華の実体験を基にした漫画「透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記」のドラマ化

最終回「7日間の命」

ゲスト出演 

鈴木 杏(辻村灯里)
金井勇太(辻村拓郎)

あらすじ

陽介の紹介で、辻村夫妻が由比産婦人科を訪れる。
しかし、お腹の赤ちゃんは、産まれても治療が難しい病気だということがわかる。

感想

サブタイトルの「7日間の命」というのをみて、初回のセミのことを思い出しました。

今度は、カタツムリですか。6月ごろの話ということですね。アオイは本当に虫が好きなんですね。

産婦人科の壁のニワトリとヒヨコの絵がクローズアップされたり、陽介さんが拓郎さんの知り合いだったり…。

陽介さんはまだ怒ってるのかなと思ったら、なんか気まずい様子。
知り合いを紹介してくれるあたり、先生を信頼してるってことですもんね。

灯里さんのお腹の子はとても重い病だから、産まれても長くは生きられないと。お腹の中にいる間から、そんなに詳しい状況がわかるもんなんですね。医学ってすごい。

状況がわかることで、あきらめて中絶する選択もできるし、産んで治療する覚悟もできるけど、知らなければ出産まで悩まないで済むんだろうなと思ったり。産んでからが大変だけど。

拓郎さんは中絶を考える。でも、灯里さんは胎動を感じたことで、もう生むことしか考えられない。

両方の親も交えて家族会議をしたり、これはつらい話し合いですね。
灯里さんが母親になってるって聞いて、拓郎さんも自分は父親だって、父親になりたいって思ったんでしょう。

だけど、今度は灯里さんがだんだん悩んでる…。

大学病院で産んだら、すぐ治療になって、触れ合うことができないかもしれない。
灯里さん自身が物心ついた頃から、病気のお母さんが無菌室みたいなとこにいて、お母さんと触れ合うことができなかった。そのさみしさを知っている…。

産んでも治療しない選択。
それもつらいなあ。拓郎さんは頑張って治療するぞって考えてたもんねえ。

結局、積極的治療はしないで、由比産婦人科で出産して、親子の時間をそこで過ごす選択をする2人。

産まれたとき、あんなに元気なのになあ。
短い時間だったけど、ちゃんと触れ合えたのは大事だと思う。

美月ちゃんももう1歳か。演出の時間経過が自然だなあ。 
由比先生とちゃんと和解できてよかったね。

由比先生が看取りは大変って言ってたのに、最後のお見送りで、見習いのアオイひとりにまかせるとは。他の看護婦さんたちは忙しいのか、信頼されている証か。

でも、アオイのおかげで、灯里さんは救われるのね。
ほんとにアオイの言葉は心に染み込んでくるよねえ。

アオイ 看護婦になる

アオイが由比先生に推薦書をお願いするところで、 由比産婦人科で就職したらいいのに~と思ってたら、いきなり就職活動。

祝!就職決定!

長くバイトしてきて、お互いのことも知ってるから、ここなら安心だ。

看護婦になったから、今度はナースキャップをかぶる。初回のシーンを思い出すわ~。
初々しい看護婦さんなんだけど、ナースキャップになったら、なんか大人になった感じだ。

見習い初日には、中絶に立ち会った。
看護婦初日には、出産に立ち会った。
どちらも命だと。受け取った命は、やっぱり重い。(実際に)