今日の日和

日常の気になったことや覚書とか

透明なゆりかご 第9話 ドラマ感想

スポンサーリンク

f:id:ariakesumire:20181026184415j:plain

NHK総合で2018年7~9月に放送されたテレビドラマ(全10回)

原作者である沖田×華の実体験を基にした漫画「透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記」のドラマ化

第9回「透明な子」

ゲスト出演 

原田夏希(長谷川侑子)
根本真陽(平塚亜美)

あらすじ

小学生の女の子が性被害にあったと、由比産婦人科に連絡が入る。緊急事態に、由比先生をはじめ看護婦たちは、緊張した面持ちで準備を始める。
アオイはまだ経験不足だから、婦長から女の子に話しかけないように言われるが、女の子はアオイの友達の亜美だった。

感想

一番嫌な話なんですよね。
子役の子にも、こういう役はさせたくないなあって、いつも思います。
でも、現実にもある話だし、被害にあった子供のことを考えれば、産婦人科がテーマのこのドラマでは、周りの理解や支援を得るためにも周知すべき問題なんでしょう。

それにしてもですね、お父さんが新しいお父さんだと聞いて、あ~このパターンかと。

子供が犠牲になるのは、本当にいたたまれないです。

お母さんを盾にとったんでしょう、卑怯な奴です。自分がやったのに、亜美ちゃんが傷つくからと言って、警察へ届けさせないようにしてねえ。

家に帰れば、その加害者である義理の父親がいるわけだから、よりいっそう恐怖だわ。

アオイは顔見知りだから、亜美ちゃんは逆に嫌だろうかと思ったけど、逆でよかった。

亜美ちゃんはアオイを信頼してるから、知らない大人より安心できるところもあるのだろう。わからないから教えてと聞いても、「気持ちを聞かせて」って聞き方が、以前紗也子さんが言っていたように、相手に寄り添ってるんですね。

お母さんがちゃんと母親でよかった。お母さんと二人で、立ち直ってほしい。
そりゃ、忘れられれば一番いいんだろうけど、無理だもん。
絶対許せないし。お母さんにしてみたら、自分のせいだと思ってるよね。

そして、あの義父は厳罰に処されてほしい。一生閉じ込めてほしいのが本心だけど。

亜美ちゃんが、あの妊婦さんのご主人に会った時に、怖がっちゃうかと心配したけど、違う人は大丈夫だったみたいなので、よかった。

そして、あのご主人、いい人だったな。
亜美ちゃんのこと、全然察してなかったけど、そこがいい。

亜美ちゃんは、あのご主人と一緒で赤ちゃんの声が聞こえたから、部屋を出てきたんだよね。
何故、赤ちゃんを見たかったのか。

普通に赤ちゃんを見たいって、好奇心はわかる。とすると、そういう普通の感情が、赤ちゃんの声で呼び起されたってことだろうか。

ショックで何も受け付けてなかった心が開かれたってことかな。

アオイは人の心がわからないって、悩むけどさ。誰だって、わかんないんだよね。こうじゃないかなあ、こうした方がいいかなあって、みんな想像しているだけ。

だから、あとから後悔することはいっぱいあるもの。

犯罪者のせいで、被害者やその家族だけでなく、関わった人みんなが傷つくのね。